撮影で!日産エンジン博物館!!!日産エンジンの流れ!歴史あるエンジンが!A型も乗ってみたい!

2020.07.27 Monday

0

    今日は、とある撮影で、日産エンジン博物館へ!!

     

    撮影シーンは、後日、掲載しますね!

     

    この建物の中に、日産エンジンの歴史が分かる表が↓

     

    僕が乗った事があるエンジンを、赤○で記しました↓

    こうやって見ると、L型と、RBの時代が長いですね!

     

    最近は、VQエンジンにお世話になっていますが!!

    Z34もVQエンジンなので、今も活躍中!

     

    今のR35は、VR型!!

     

    新しい400RのエンジンもVR型ですが、

     

    V6 3リッター級のエンジンは、VR型ですね!

     

    このように年表を見ると面白いですね!

     

    館内には、レーシングエンジンも↓

    プリンスのGR8型!

     

    そして最強のエンジンだった、こちら↓

    VRH35Z型というのですね!!

     

    最強のグループCカーの心臓部!!

     

    日産のV12エンジン↓

    VRT35型といいますが、ニスモフェスティバルで

     

    乗らせて頂きましたが、良い音をしていたな〜!!!

     

    2013年まで使っていたこのエンジンにもお世話になりました↓

     

     

    VRH34B型エンジン!懐かしいですね!

     

    ハコスカの心臓部のS20エンジン↓

     

    SR20エンジン↓

    僕のシルビアにも搭載されています!

     

    誰もが知るRB26DETT型↓

    そして今の新型スカイライン400Rに搭載されている

     

    VR30DDTT型エンジン!!↓

     

    そしてR35のVR38DETTエンジン↓

    そう考えると、色々な日産エンジンに乗っていますね!

     

    A型エンジンにも早く乗ってみたい↓

    直4気筒の1.2リッターですが、

     

    こちらもどんな走りをするのか↓

    やはり、こういった博物館、面白いですね!!↓

     

    コメント
    次生さんお疲れ様です。
    VRH35Z!
    私はとにかくGrCカー、JSPCが大好きなのですが、とにかく強かったR90~92CPの日産GrCレース、その栄光の時代を支えたのがVRH35Zです。
    このエンジン、かつて東海大学で教鞭をとられていた林先生が開発されたんですよね。
    その燃焼室は「●っぱ●」理論で作られたそうですね。
    理想の燃焼室の形状を考えていくと、あの形に落ち着くそうです。
    こういう、エンジンの博物館がある、やっぱり技術の日産ですね。
    • by buschan
    • 2020/07/27 11:08 PM
    コメントする