CPV35クーペの足は、ノーマルで走る事に!この車、バンプラバーが肝ですね!!面白い構造のダンパー! マニアックですみません!とことん知りたくて!

2020.05.30 Saturday

0

    CPV35クーペ↓

    デフが組み上がり、サイドフランジもニスモのデフは

     

    新品が付いてくるので助かります↓

    ただ、ハブがちょっと怪しいですが

     

    一度走って、フーガのハブを入れようかな↓

    そして足をどうするか!

     

    とりあえずノーマルダンパーで、バネだけ変えて

     

    走ろうと思っていたのですが↓

    ダンパーを外してみると、ストロークが少ない!!

     

    Z34のノーマルと比較しても↓

    明らかにCPV35クーペのダンパーストロークが短くて!あれっ!?

     

    ダンパーを伸ばしてみると、真ん中に戻ろうとする?

     

    ダンパーが真ん中に戻るので、縮み側のストロークが

     

    明らかにZ34と違う↓

    これバネだけ変えても成立しないよね!

    ちなみに、1G車高でストロークを見ると↓

    10ミリ無いかも!!!

     

    車高下げたらバンプタッチ!!↓

    これ車高下げられないね!

     

    下げたとしても、バンプタッチして硬くなるよね!

     

    結論としては、ノーマルで、まず方向性をみる事に!↓

    ちなみに、380RSの時もノーマルのリヤダンパーを↓

    バンプタッチで走っていました↓

    そう考えると、ノーマルでもバンプタッチで

     

    走ったほうが良いのかな!と思い、

     

    ノーマルで!と結論が!

     

    とりあえずバンプラバーをZ34ノーマルから外して

     

    組んでみました。

     

    この不思議なダンパー、昔のZのカタログ↓

    こんなダンパーらしい!!

     

    デュアルフローパスショックアブソーバー↓

    凄くこだわったダンパーらしい↓

    フロントもノーマルで方向性をみる事に!↓

    それにしても、面白い構造したダンパーですね!

     

    お昼は、深間内先生とトレーニング↓

    暑かったけど、気持ち良かったです↓

    トレーニングもそろそろ、ペースアップしていかねば!

    コメント
     以前に、なじみのチューニングショップで聞いた話ですが、R32以降の(GT-Rじゃない)ノーマルスカイラインの足回りはすごく考えられたいい足回りで、サーキットでタイムを削るのではなく、操縦性と快適な走りとドライビングプレジャーをうまく両立させているといいますが、このこだわったバンプラバーの開発にも活かされているのでしょうね。
     日産自動車は、昨日の決算説明会で言われているように、非常に厳しい業績ではありますが、このCPV35の足回りにみられるように、こだわったいいクルマを作る「技術の日産」、日産の底力はもっと高いレベルにあると信じています。
    • by buschan
    • 2020/05/30 1:00 AM
    コメントする