今日から海外へ!でかい飛行機は!!(クルマ・車・くるま)タイトルが!ジョン・デロリアン!

2020.01.21 Tuesday

0

    今日から海外出張

    今回は、成田空港から!

     

    B787-9

    久々にJAL便!

     

    こちらは、相変わらず離陸まで、混雑していますが

     

    ちょうどエンジンを整備中?のB787

    車のボンネットを開ける感じで

     

    ジェットエンジンも

    なかなか、珍しい光景!!格好いい開きかたしますね!!

     

    B747−400の貨物!?

    こちらも塗装が剥がされて、何処かに売られていくのか!?

    退役するのか!?

     

    昔のジャンボジェット機のコックピットは

    計器だらけ!!

     

    最新鋭のジャンボ機のコックピットは、

     

    かなり様変わり

    ジャンボより大きいA380

    仕事以外の海外旅行なんて、だいぶ前になります。

     

    今は、これだけ仕事で移動が多いので、

     

    日本で、家で、犬猫達とゆっくりしたり、

     

    愛車を眺めたり、乗ったりするのが一番ですが。

     

    いつか、のんびりと旅行に行く機会があったら、A380を利用したいですね。

     

    無事に飛び立ち

    上空へ

    この映画、面白かった

    ある意味、デロリアンを、作った人がまさか!って感じでしたね!

     

    そのうち、フォードVSフェラーリも見たいですね〜!

     

    古いと言ったら、S54Aを購入した時に

     

    カタログと一緒に入っていたこの雑誌

    昭和42年9月1日に発行されたようですが(汗)

     

    中を見ると(クルマ・車・くるま)と!!!

    このタイトルが(汗)

     

    今は、ガソリンスタンドで

     

    この様な光景、見なくなりましたね〜!

     

    セルフのスタンドが増えてきてますからね!!

     

    明日は、まずミーティング!

     

    少しゆっくり出来そうです!

    コメント
    次生さんお疲れ様です。
    バサースト、スリリングだけど面白いコースですね。
    S54Aに入っていた雑誌、いかにも〜って感じですね。
    クルマがステータスシンボルだったのが、よくわかりますね。
    • by buschan
    • 2020/01/21 11:04 PM
    海外に行かれるのはバサーストの準備じゃなくて、プライベートの旅行だったのですね!ゆっくり楽しんできてください。

    「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の主人公があこがれるクルマがトヨタの4WDで、「どっこい,アメリカにも理想に燃えたクルマづくりをした人物がいたぞ」ということでタイムマシーンはデロリアンという比喩が、80年代当時の日米貿易摩擦とリンクしていて面白かったです。

    あの映画には「がんばれ!アメリカ。昔を思い出せ!」というメッセージが込められていたように思います。

    ドクも、デロリアンと同じように夢を追いかけた人物なので似たところがありますね。

    50年代のアメ車が出てきたり、現代に戻ったらビフが磨いているクルマがBMWだったり、ハリウッド映画ではクルマが何かを暗示(比喩)していることが多いようです。

    余談ですが、あのステンレス製のボディは、キッチンと同じようにカネヨのクレンザーで磨くときれいになるという年伝説がありますが、本当でしょうか??
    • by サントラもいいぞ!
    • 2020/01/21 11:37 PM
    コメントする