色々な意味で、想像以上!!

2019.10.05 Saturday

0

    今日からDTM車両と一緒にフリープラクティスが

     

    行われました。↓

    走行前は、スーパーGTのプレスカンファレンス↓

    DTMとスーパーGTの違いなどをコメント↓

    日本からも↓

    そして、熱心なファンの皆さんも↓

    ありがたいですね↓

    13時からフリープラクティス1が行われました↓

    初のハンコックタイヤのウェット↓

    想像以上に、グリップが無く…↓

    かなり苦戦を強いられています。

     

    日本だと、ドライとウェットのタイム差が8秒〜10秒程ですが

     

    今回は、20秒程、ドライとウェットのタイム差があり

     

    かなりグリップが低く、スーパーGTのセットだと

     

    全く走れない状況でした!!

    とにかく、どうやってグリップさせるのか、悩んでいる状況…

     

    17時からの走行は、ドライコンディション↓

    こちらは、ロニー選手が担当しました↓

    こちらでは、日本と違う方法のタイヤ交換なので練習も↓

     

    ドライの状況も、トップとのタイム差が大きく

     

    こちらも想像以上に、日本とのグリップの違いを感じています。↓

    僕は、ドライがほとんど走れていないので、

     

    明日、晴れたらほぼ、ぶっつけ本番ですが

     

    ウェットよりは、ドライでレースがしたいですね!!

     

    走行後は、ベルガーDTM代表との懇親会↓

    子供の頃、憧れたF1ドライバーと一緒に

     

    記念撮影が出来るのは、光栄ですね。

     

    土曜日は、僕がレース1を担当します↓

    日曜日のレース2は、ロニー選手が担当。

     

    大変なレースになると思いますが、自分の力を出し切れるように

     

    頑張ります。

     

    応援、宜しくお願いします。

    コメント
    superGTのあのグリップ高さっていうのはやはりタイヤメーカーによる技術争いの賜物なのかもしれませんね
    • by マキ
    • 2019/10/05 8:57 AM
    以前スーパーGTを走ってた頃のハンコックタイヤから
    進歩していないのかな?
    影山雅美さんが、「富士」(違ったらすみません)で勝った事もありますよね。
    F1もそうだがタイヤウォーズがある方が進歩すると思います
    • by まっちゃんさん
    • 2019/10/05 4:24 PM
    セッティングが合ってないのか、タイヤのグリップそのものが低いのかわかりませんが、SGTのマシンが全力疾走できる条件が整えばいいですね。
    • by Agito
    • 2019/10/05 5:06 PM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL