R’sミーティング!!!クラフトスポーツブースにも!MY20 GTRニスモ購入発表!頑張らなければ…!

2019.09.14 Saturday

0

    今日は、富士スピードウェイへ↓

    3年振りに、R’sミーティングに参加しました。

     

    本当に、たくさんのブース!!!↓

    富士スピードウェイが、GTR一色に!!!

     

    まずは、クラフトスポーツブースでイベントに参加↓

    チャンピオンを取ったマシンと共に↓

    このマシン、いつ見ても格好良い!!↓

    僕のRの事のトークショーや↓

    実車を使った査定実演!!!↓

    僕も、中古車を見る時、色々と気にしますが

     

    細かな所まで見られているのだと、良い勉強になりました↓

    それにしても、かなり程度の良いR32!!↓

    まだこんなに少ない走行距離で

     

    奇麗な物が、残っているのが凄い!

     

    サイン会↓

    たくさんの方々が参加して下さり、ありがとうございました。↓

    最後は、記念撮影↓

    やっぱりGTRファンの方々は、熱い方が多いですね!

     

    また「1」を取らなくては!↓

    そして、MY20 GTRニスモ↓

    今回は、取材も兼ねてサーキットインプレッション↓

    まさか、サーキットで乗れるとは!!!↓

    室内のシート、かなりホールド感が増えて

     

    前のシートより、更に良くなっていました↓

     

    約10分間、走らせて貰いましたけど↓

    良い車でした!!

    これだけサーキットを連続走行しても、ブレーキのフェードが

     

    軽減されているのは

     

    カーボンセラミックになったからでしょうね!

     

    土屋 圭市さんもドライブ↓

    このインプレッション内容は、後日GTRマガジンに

     

    掲載される予定ですので、是非、ご覧下さい↓

    そうそう、間寛平さんもイベントに来られていました↓

    愛車のR34!↓

    寛平さんもGTR好きなんですね〜!

     

    とても、車好きなのが伝わってきました!

     

    貴重なグループAのマシンも↓

    やっぱりこのマシンは、特別に格好良いですよね↓

    シートにも座らせて頂きました!↓

    また、是非、機会があったら乗らせて下さい!

     

    トークショーでは、土屋さん、木下さんと

     

    GTRの話が盛り上がりました↓

    この組み合わせのトークショーは、

     

    ここでしか見られないでしょうね!

     

    トークショー後は、田村さんから鍵の贈呈!!↓

    GTRニスモを貰えるのでは!とサプライズかと思いきや!

     

    僕が、MY20 GTRニスモを購入したので

     

    報告会という事で!!↓

    老後、大丈夫かな(汗)レース頑張らないと…

     

    イベント終了後は、各ブースを見て回りました。↓

    ニスモ大森ファクトリーブースも盛り上がっていました!

     

    お世話になっている日産プリンス東京ブースには、

     

    僕の400Rの展示も↓

    イベントが終わって車も、奇麗に!!↓

     

     

    クルムさんの愛車の、GTRニスモの展示↓

    希少車では、ケンメリGTR↓

    凄い!!!

     

    ZチューンのR34も!!↓

    GTRの車が、これだけ集まるイベントは、

     

    やっぱりR’sミーティングだけですね!!

     

    メーカーが拘った車を作ってきたからこそ

     

    この様に、GTRにトリコになる人達が多いのでしょうね!

     

    僕もその1人ですが、これからも車好きの方が

     

    良い車作り!を続けて伝統を大事に守っていかないと

     

    いけないですね!

     

    改めて、そう感じた1日でした!

     

    僕も、いつまでRを乗り続けられるか分からないけど

     

    その為にも、これからも頑張ります。

     

    皆さんの愛車の「R」もこれからも大事に

     

    可愛がってあげて下さい!!↓

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL