知る人ぞ知る!MK63キャリパー&アルフィンドラム!!!やばいくらい格好良い!!職人さんですね!

2017.08.30 Wednesday

0

    今日は、久々にハコスカGTRをドライブ↓

    そして、欲しかったパーツを装着して頂く為に

     

    RSスタートさんへ↓

    初めて社長にお会いしましたが↓

    知人を通じて色々と相談に乗って頂き感謝です。

     

    今回、ノーマルのフロントブレーキキャリパー&ローター↓

    これを前から探していたMK63の中古キャリパーに↓

    しかも、メッシュブレーキホースまで!!!↓

    ノーマルのキャリパー↓

    比べると、4ポットのMK63のキャリパーは、当時の物としては

     

    とても人気があったブレーキパーツ!!

     

    今は、売っていない為、ヤフオク等では、かなり高額に!!

     

    そんな中、色々と助けて頂き感謝です。

     

    そしてローターもノーマルは↓

    一枚物ですが、今回装着するのは、

     

    ベンチレーテッドディスク↓

    今は、当たり前のベンチレーテッドディスクですが

     

    この当時としては、とても高価なパーツ!!

     

    ちなみにMK63キャリパーとローターセットは、

     

    昔、ニスモで販売されていたんですよね!!

     

    今のブレーキキャリパーや、ローターを付ければ良いのですが

     

    やはり当時のカスタマイズに拘りたくて、このキャリパーと

     

    ローターを探していました!!

     

    ハコスカの構造がどうなっているのか知りたくて、

     

    装着する時まで外で見ていました↓

    とてもシンプルな構造でした↓

    装着されたブレーキローター↓

    キャリパー↓

    かなり良い感じですね!!

     

    そしてリヤのノーマルドラムブレーキですが↓

    こちらは、当時流行ったアルフィンドラム↓

    しかも、ノーマルを加工せずに装着する為に

     

    この様な加工をして頂きました↓

    職人技の加工ですね!!!↓

    この当時の方は、職人さんが多いですよね↓

    色々と当時の話なども聞けて楽しかったです。↓

    今回、撮影もあり↓

    無事、アルフィンドラムが装着されました↓

    ドラムブレーキだけど、ここまで格好良くなるんですよね↓

    当時流行った、ワタナベホイール↓

    装着すると、さりげなくホイールの隙間から見える

     

    MK63キャリパー!とても似合っています↓

    アルフィンドラムも、ホイールからさりげなく

     

    当時の雰囲気をかもし出しています。↓

    今風にするのではなく、当時のカスタマイズに拘った事で

     

    とても雰囲気が出て格好良いです↓

    車の底も見て頂きましたが、やはり程度は良いらしい!!↓

    これからも、大事に乗っていきたいです↓

    そして更に若い人達に、こういった車があった事を

     

    伝えていきたいですね!

     

    RSスタートのスタッフの皆さんありがとうございました↓

    これだけを見ると、時代がタイムスリップしたみたい!!↑

     

    そうそう、GT鈴鹿戦の時に頂いたハコスカのイラスト↓

    この他にも、お菓子や差し入れを頂きました。

     

    ありがとうございました。

     

    本物と見比べても良い感じですね!↓

    本当に車バカですが、僕にとっては、

     

    かなり貴重な体験をしている事を改めて痛感しますね!

     

    色々な方に、本当に感謝しています。

    コメント
    今ごろですが、次生選手鈴鹿ラウンドお疲れ様でした。また、2位おめでとうございます。
    ハコスカのカスタマイズ進んでますね。かっこよくなり、本当に次生選手の喜んでいるのが伝わりますね。
    ところで、リアブレーキのアルフィンドラムですが、なぜ、内側の会わせ面旋盤(削った)かけたのですか?
    理由があるから削ったと思うのですが、なぜですか?ドラム側の形状に合わせるためなのか?違う何かがあるのか?
    良かったら教えてもらえますか?
    • by こうちゃん
    • 2017/09/03 11:18 PM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL